<   2005年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧
   



2005年 08月 31日
有名なんですよ。
e0017357_030156.jpgども、げんりでおま。

後でレビュー書きますといった馬車道十番館のお茶のレビューです。
ここでいただいたのはアッサムティー(494円)とベイクドチーズケーキ(確か336円)です。

馬車道十番館は横浜十番館の一店舗です。馬車道十番館と山手十番館は明治100周年を記念して作られ、文明化で沸く晴れやかな雰囲気を今に伝えています。サイトは工事中の場所が多いので、ぜひとも実際の場所に行って見て食べてみてください(笑)

e0017357_0302587.jpgさすがに500円近く取らせる紅茶だけあって美味しいの一言に尽きます。抽出温度や時間も適正なのか、苦味が皆無。ストレートではもちろん、ミルクを入れても非常にいい香りがします。
チーズケーキは極端に甘くもなく、パサパサしているわけでもなく、十分しっとりさがあります。量の割にはちょっと高いかな~と思われる方がいるかもしれませんが、普通に美味しいです(笑)

場所代も含めて考えてみると割に合わない感はほとんどありません。普通の喫茶店に入るより割高であるかもしれませんが、下手なものを出されるよりは絶対にこっちのほうが良いです。
十番館でぜひ、文明開化のかほりを感じてみてはいかがでしょうか?
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-31 23:31 | 食い物列伝  



2005年 08月 30日
むりですた…(涙)
ども、げんりでおま。

わたくしこと、げんりのウェブサイト、「ごっつコアなげんり」の開設日は今日、30日です。毎年30日にリニューアルをしてきたのですが、今年は非常に忙しくて(単に忘れていたという噂もあり)結局更新できませんでした。というか、何を更新するかということすら決まっていないので、更新のしようがなかったと言えるでしょう(爆)

とりあえずカウンターを作るか…
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-30 23:56 | 徒然日記  



2005年 08月 29日
だるま弁当より…
e0017357_2443470.jpgども、げんりでおま。

湯の丸高原へ向かうとき、途中で横川サービスエリアへ寄りました。横川といえばおぎのやの峠の釜飯。しかし、釜飯を売っているのは上りの横川サービスエリアで、下りでは高崎駅の駅弁が売っているのでした。高崎の名物駅弁といえばだるま弁当。しかし、わたしとしてはだるま弁当より鶏めし弁当(800円)を強烈にプッシュします。個人的にはだるま弁当より鶏めし弁当のほうが美味しいと思っているので。

e0017357_2444851.jpg鶏めし弁当ではそぼろや照り焼きなど、鶏肉をふんだんに使った内容です。左上の黒い物体。一見ハンバーグの様ですが、これは舞茸入り鶏肉団子だそうです。また気が付かなかったのですが、御飯が茶飯だったようで…(笑) 更に、高崎名物の玉こんにゃくも見逃せません。正直なところ、高崎の鶏めし弁当にはまったのは鶏ではなく(鶏もですが…)玉こんにゃくだったりします(爆)
鶏めしといえば大舘の鶏めしが有名ですが、わたしにはあまり印象に残っていません。栄養バランスは非常に偏っていますが(まあ駅弁なんてみんな同じようなものですが…)こちらのほうが鶏めしの名にふさわしい気がします。高崎ではだるま弁当より鶏めし弁当が買いです(笑)

だるま弁当はなぁ… 容器がプラスチックじゃなければ買うのに…(涙)
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-29 23:44 | 食い物列伝  



2005年 08月 28日
ランキングNo.1
e0017357_1472499.jpgども、げんりでおま。

さてさて、お昼過ぎに山から人里へ下りてきました(笑)
湯の丸高原から一番近いJRの駅は小海線の終点、小諸駅です。
小諸駅はしなの鉄道の接続駅でもあり、長野・軽井沢方面へはしなの鉄道を利用して向かうことが出来ます。ただし、第三セクターなので青春18切符は使えません。
第三セクターも18切符使えたらいいのに。痛すぎる…

e0017357_149877.jpg小海線で使用される車両は、高麗川~高崎間を結ぶ八高線でも使用されているキハ110系です。キハとは気動車(ディーゼルカー)のこと。軽油さえあればどこでも走らせることが出来るので、電化されていない地方の山間部などではまだまだバリバリの現役です。エンジンで走るので少々うるさいですが、逆に電車とは違った振動を感じることが出来るのでとても小気味いいですね。

e0017357_1491819.jpgで、真打の登場。小淵沢駅名物、丸政の「元気甲斐(1300円)」です。小淵沢では昔懐かしい土瓶のお茶(ほうじ茶・緑茶320円)も売っています。実は、小海線佐久平で新幹線に接続したほうが安く上がったにもかかわらず、元気甲斐のためだけに小淵沢経由で帰宅することに。連れのKさんには悪いことしたかなぁ?(笑)
小淵沢に着いたのは17時半過ぎでホームの売店は17時閉店にもかかわらず、わざわざ駅外の売店の在庫を取り寄せてくれました。というか、17時閉店は早すぎやしない?(笑)

e0017357_1493032.jpg元気甲斐は重箱。上の段は関西風、下の段は関東風と二種類の味が楽しめます。重箱な分、量は多め。女の子二人でひとつがちょうどいい具合でしょう。
お品書きも付いています。上の段は、胡桃御飯・蓮根の金平・山女(やまめ)の甲州煮・蕗と椎茸と人参の旨煮・蒟蒻(こんにゃく)の味噌煮・カリフラワーのレモン酢漬・紫萁(ぜんまい)と揚げの胡麻酢和え・セロリーの粕漬。下の段は、栗と占地(しめじ)のおこわ~銀杏、蓮根入り~・アスパラの豚肉巻・鶏の柚子味噌和え・公魚(わかさぎ)の南蛮漬・山牛蒡(やまごぼう)の味噌漬・沢庵(たくあん)です。どれもこれも美味しいと言っては身も蓋もないので特にオススメの一品を言うとしたら、それは「胡桃御飯」です。胡桃ってちょっとした苦味があって、その癖のある味にどうも慣れない人も多いと思います。しかしこの胡桃御飯は、そういったネガティブな期待を見事に裏切ってくれます。というか、とにかく喰え(笑)

新宿駅の特急ホームでも売っているそうなので(お金がないので未確認)、個人的駅弁ランキング1位を堅持している元気甲斐を皆さん是非ご賞味くださいな~
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-28 23:38 | 食い物列伝  



2005年 08月 27日
高原の壮大さ。
e0017357_1211321.jpgども、げんりでおま。
そういうわけで(どういう訳だ?)今日は朝から晩まで知恵熱を大放出して過ごしました。
ま、それだけではなく色々なところに行ったりもしたわけです。

高原はさすがに涼しいだけあってさまざまな高山植物を見ることができるのですが、湯の丸高原には高原特有の湿地帯もありその美しさには目を奪われるばかりです。湿地帯って一度破壊されるとなかなか元に戻らないガラス細工のような独特な環境です。そのために木の道があります。この木の道を見ると尾瀬を思い出しますねぇ。

e0017357_1212218.jpgそのあとにはハイキングコースの山を登り、眼下に湿地帯を望みつつ約1時間で出発地点に戻ったわけです。曇っていて、さらにガス(霧)が出ていたので、景色はイマイチでしたが、遠くより足元。あちこちに草木は咲き乱れ、虫たちは踊りまくる。それはもういろいろな高山植物があったのですが、わたしは植物に全然明るくないので植物を知っておくことは次回の課題です。それにしても、やたらととんぼが多かった…

e0017357_1213312.jpgハイキングをした後、たまだれの滝を見に行きました。滝と呼べるかどうかちょっと怪しい流れでしたけど、薄暗い感じがまた風情がありますね。こんな滝だからこそ冬になると全凍結したりして、それはそれでまた風流ですねぇ。あー、冬にも来てみたいなぁ。最近光量が少ない場面での撮影が多いので、航がしきりに三脚が欲しいと漏らしていましたが、「お前が担ぐならな」と一蹴しております(笑)

e0017357_1215120.jpg湯の丸高原は群馬と長野の県境にあるのでちょっと車を走らせたら嬬恋村です。草津に近いためか温泉がいくらかあります。今回はその中で鹿沢館の日帰り温泉(500円)へとお邪魔することになりました。ここの温泉はにごり湯で、湯の花が浮いています。源泉は40度と少々低めなので、内湯では源泉の浴槽とともに42度に沸かした浴槽があります。露天風呂は沸かしてあるものの、外がかなり涼しいのでぬるめ。38~39度といったところかな。深緑も綺麗なのですが、あまり景色が開けていないので開放感は今ひとつといったところでした。

夜にはちょっと筆舌しがたい催し物があったのですが(笑) わたしはその催し物やバーベキューそっちのけでキャンプファイアに魅せられていました。炎っていいですね。ろうそくの炎も好きなのですが、その揺らめきがなんだか穏やかな気持ちにさせられます。昔の人はこうやって焚き火を囲みながらいろいろな話をしたんだなぁと、悠久の時を感じつつ過ごした晩でした。一番印象に残ったのは、飛んで火に入る夏の虫をリアルで見たことだったり。

つうか、顔がすすだらけ(笑)
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-27 23:10 | 徘徊日記  



2005年 08月 26日
自然がいっぱい。虫もいっぱい(汗)
e0017357_133013.jpgども、げんりでおま。

なんだかんだで長野と群馬の県境、湯ノ丸高原にいます(苦笑) ここで2泊3日の合宿がありまして、知恵熱を出す予定です(爆) 避暑地らしく、周りには大学の施設が多くあり、いろいろな(ま、いろいろな)掛け声が聞こえてくるわけです。それもまた避暑地での夏の風物詩かもしれませんね~(笑)

e0017357_134290.jpg湯ノ丸高原は国立公園なので、まわりは綺麗な雑木林。木漏れ日がなんとも爽やかです。標高1600Mほどあるためか、日差しは強いが空気はかなり涼しい。室内が17度なんてこの8月では普通ありえない温度です。クーラーが苦手なわたしにとっては快適そのもの。来るのは初めてですが本当に来てよかったですね。

e0017357_135355.jpg寝泊りするロッジのすぐ裏にゲレンデがありまして、この季節は高山植物が生い茂ってます。このゲレンデを登るのは少々骨の折れる作業ですが、山々の景色はかなり良い。冬の雪山もかなりいいんじゃないかなと思います。

まあ何よりも満天の星がもう最高ですね。ちょっと雲が出ていましたが、天の川もうっすらと見られて本当に良いです。明日は雲が出なければいいなぁ…(汗)
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-26 23:55 | 徘徊日記  



2005年 08月 25日
みなと・よこはま その2
e0017357_0173464.jpgども、げんりでおま。 さてさて、昨日の続きです。

開港記念公園から海側に歩いていくと山下公園があります。ここからは氷川丸・マリンタワー・老舗のホテルニューグランドばかりでなく、みなとみらいをも展望することが出来ます。ここからの夜景はまさに絶品。夜の横浜を語るには決して外せない場所といっても過言ではありません。昨日は平日の日中に来たこともあり、人はまばら。ベンチや芝生でのんびりと過ごしました。

e0017357_0174799.jpg夕方になって、明かりの灯った赤レンガ倉庫へと向かいます。もともと倉庫だった建物をショッピングセンターにした施設。昔の面影を残すのは外だけ。周りに何もないのでやけに閑散とした雰囲気。ここにあるレストランで野菜のソテーとパスタをいただく。ま、味は普通かな。ちょっとしたショーを観たのですが、後輩には楽しんでもらえたようでよかったです。やはりでぇとには周到な準備が必要ですね。まあ、準備をしておかないとわたしも楽しめないからなのですが(爆)

e0017357_0175853.jpg赤レンガ倉庫に行く前に寄っていた大桟橋。ターミナルの屋上は板張りの上、芝生が敷いてあってすごく快適。さらに、山下公園やみなとみらいの夜景を展望できます。ここからは360度の夜景を楽しめる場所としてお勧めスポットですね。平日だったからか人がほとんどおらず、穴場と言ってもいいのかもしれません。

e0017357_0181074.jpgそれで、汽車道を通って桜木町に出たわけです。いろいろと話が出来てよかったですね(笑)

関内・山下公園・みなとみらいは散策するのに歩いていける距離ですから、観光地としての横浜を堪能するには非常にオススメです。今回は午後からだったのでそれほどたくさんを回ることが出来ませんでしたが、午前からなら山手・元町・中華街・関内・みなとみらい(逆もまた可)といったコースを取ることも出来ますね。手段があるなら自転車で回ってみるのもいいかも。

皆さんもぜひ、みなと・よこはまに遊びに来てみてくださいね~
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-25 23:42 | 徘徊日記  



2005年 08月 24日
みなと・よこはま その1
e0017357_22181364.jpgども、げんりでおま。今日は後輩とでぇとです(笑)
場所は横浜・関内。わたし自身も滅多に足を踏み入れない、ある種空白地帯。これでは浜から生まれた浜っ子の名が廃る!(そんな事ありません)と、ぐうるりと回ってみることにしました。
まずJR関内駅から桜木町方面に歩いていくと、日本基督教団横浜指路(しろ)教会があります。この教会はパリのノートルダム寺院に倣って格調高く建てられています。ノートルダム寺院の外観を知っている人なら妙に思うと思いますが、塔の右側がありません。これは太平洋戦争時の空襲で破壊されたとか。ちなみに指路とは旧約聖書で「平和をもたらすもの=メシア(救世主)」のことだそうです。明治7年創立ということで、日本のプロテスタント系教会の中でももっとも古い部類にあるようですね。

e0017357_22272037.jpg指路教会から海側に向かって歩いていくと、老舗「馬車道十番館」があります。レトロな建物や内装は明治代の雰囲気を彷彿とさせます。十番館は喫茶店というイメージがあるかもしれませんが、バーやレストランがメインだといっても過言ではありません。最近家族で十番館のディナーをいただきましたが、グルメ御用達の出来であると言えると思います。ここでお茶をしたレビューはまた後日。

e0017357_22424818.jpg馬車道十番館を出た後に向かったのは、当然馬車道。馬車道十番館は馬車道沿いにあるのではなく、馬車道通りから少し入ったところにあります。馬車道は文明開化で流れ込んできた西洋文化の中心地でした。馬車道の由来は寄留者が馬車を走らせていたことから付きましたし、日本で初めてのガス灯、日本で初めてのアイスクリーム(通称あいすくりん)など、まさに文明開化の象徴であったはずです。

e0017357_22432813.jpgみなとみらいや中華街・元町などは、みなとみらい線もできた関係で賑わっているのですが、その間に挟まれるようにして存在する関内近辺はイマイチぱっとしない印象。まあ、関内は県庁・市庁・地裁・検察庁など行政の中心である関係もあって、あんまり観光しようかな~といった雰囲気がないのかもしれません。
でも日本大通りから少し外れたところにはいろいろと面白いものがあるんですよ。たとえば日米和親条約が締結された開国記念公園の隣には日本キリスト教会の横浜港湾教会があったり、旧市庁舎(だったはず)があったり、名勝地・山下公園があったりと。
関内は日本大通りから外れれば外れるほど面白いものがたくさんあるのかもしれませんね(笑)


その2に続く。
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-24 22:18 | 徘徊日記  



2005年 08月 23日
報告
えーと、時間がない。
更新が17日から滞ってますが、順次更新していきますのでしばしお待ちを。

なんでこんなに8月忙しいんだろう…(汗)
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-23 00:10 | 徒然日記  



2005年 08月 22日
ちゃんとお店は選びましょう。
e0017357_2239590.jpgども、げんりでおま。

今日は保育をしつつも午後一で東京に出掛けなくちゃならない用事があったもんだからてんやわんやでしたね。でも、4時間拘束の用事にもかかわらず非常に楽しいひと時だったかもしれません。同席していたほかの人たちにとっては楽しくともなんともなかったと思いますが(笑)

e0017357_22395032.jpg帰りに無性にラーメンが食べたくなって、神田の「大龍」というどう見てもやばそうな(失礼)ラーメン屋さんに入りました。なぜこの店なのかというと、C級のラーメンが食べたかったから(爆)

えー、ここの「醤油ラーメン(確か550円)」、インスタントラーメンに劣ります。唯一勝っているのは麺かな。縮れ麺がいい感じ(といっても水切りが不十分な気もしますが)であることを除いて、500円以上取らせるラーメンと思えない出来。スープは鶏がらなのか野菜なのかさえも不明。揚げたネギだけが風味を出しています。そして、具はわかめ、もやし、チャーシュー。

こんなの家で作れるやい!(爆)



脱サラしてこの店を構えました~みたいなおじさんがやっていたこのお店、唯一気に入ったのがそのC級振りと、メニューのかわいさだけ。となりにあった390円チェーン店のほうが絶対に美味しいんだろうなぁと思った次第。さっぱりしているといえばしているんだけどね…
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-22 22:35 | 食い物列伝  











晴耕雨読で毎日雨降り。
by projectgcg
失った最後の欠片

Play Station Portable
Apocalypse

PSPA(イントロダクション)
PSP×PCのキホン
 PSPで利用するデータをPCで扱うためには
   □Memory Stick (Pro) Duo対応の
    リーダー・ライターを使う
   □実はリーダー・ライターとして使えるPSP
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成1
   □Memory Stick (Pro) Duo内、
    各フォルダの解説
   □MP_ROOT
   □MUSIC
   □PICTURE
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成2
   □PSP
   □VIDEO




---  ~旅立て勇者よ~  ---



げんりの本殿。リンクしかない。

飛鳥航の写真サイト。イマイチ。

相生憐悟の文章サイト。停滞気味。



--- ~君は光を見たか~ ---

いつも黒いRyuさんと陛下の日常トークバトル。

文月しのぶの「しのぶアクション」にお世話になってました。

直海凛さんの文字サイト。「割と感覚が似ているのかも」と思う。


なかのひと
最新のトラックバック
世界は恋に満ちている。
from 旅は道徒然なるままに
虫めづる姫君の事
from MOMENT編集
東北の夏祭り〜青森ねぶた..
from 諸葛川
東京都障害者総合美術展2..
from WATER PICTURE ..
歴史に残る愚挙 郵政民営..
from 社長の本音日記
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧