<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
   



2006年 03月 31日
甘すぎないのが吉。
ども、げんりでおま。

好きだけど甘いものが得意でない(それは苦手というんだよ)わたしなのですが、木村屋の「メープルデニッシュドーナッツ」はかなりアタリでした。メープルシロップが中心で余計な甘さがなかったので、とても食べやすいというか、甘い物好きの人にとっては非常に物足りない感じかも(笑)

デニッシュ好きで自然な甘さ万歳のわたしとしては3時のおやつとして重宝したい所なんですが、これってもしかして企画もの…?(汗)
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-31 23:17 | 食い物列伝  



2006年 03月 30日
きっとそれは盛りだくさん。
ども、げんりでおま。

はい、昨日の夕ご飯のレビューです。ランドマークプラザ地下1階のドッグヤードガーデンには何件か食事処があります。最初はカプリチョーザにしようと思ったのですが、やたらと混んでいたので断念。そこで、比較的に空いていた(というか人気がない?)「めん坊」というそば・うどんのお店に入ることにしました。このお店、10年くらい前に父親と入ったことのあるお店でした。その時は二色そばを食べたんだっけなぁ…?

今回注文したのは「めん坊定食(1,000円)」です。特にこれといった特徴がないのは何ですが、それはきっと盛りだくさんというところがウリなのでしょう。そうでしょう。そうなのでしょう。なかなか難しい所なんですけどね、とりあえずもうちっと安くて良いかなぁといった感じですね。決して不味くはないんですけど。お腹はいっぱいになると思いますよ(フォローになってない)
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-30 23:15 | 食い物列伝  



2006年 03月 29日
横浜ツアーの伝道師(失格)。
ども、げんりでおま。

今日は後輩と横浜ツアーに行って参りました。もう半ば横浜エヴァンジェリスト(笑) が、待ち合わせの時間の前に所用があって、結果的に遅れてしまいました。エヴァンジェリスト失格(爆)で、石川町駅から山手の丘を登って、山手十番館でお茶をしてマターリ。今日は小春日和というよりはちょっと風があって寒かったのですが、お茶の後に行った港の見える丘公園の桜は良い感じに咲いていましたよ。それから山下公園をぶらぶらして、大さん橋国際ターミナルで夜景を堪能しつつ赤レンガ倉庫を巡り、汽車道を通ってランドマークタワーへ。説明は駆け足ですが、かなーりのったりと山手~みなとみらい巡りをしたのです。あーのったりのったり。


夕ご飯はランドマークでいただいたわけですが、これは後日レビューを。今回の一番の収穫はランドマークプラザにあるアンナミラーズの発見。その筋では非常に有名ですが、アンナミラーズとはレストランのチェーン店の名前です。普通のレストランと違うのは、ウエイトレスの制服がとてもセクシーというか、“経営者は明らかに好き者”と言ってしまって言い過ぎではないコスプレ向けというか、制服はコスプレのためにデザインしたものです(断言) その制服のことを世間一般的(その筋)では「アンミラ」と呼ばれていますが、それは「アンナミラーズ」の略だったということをこの時初めて気付いたわけで。激しく合点してしまいましたよ。一人や、痛い友人(?)と一緒には絶対行きたくないですけどね。値段も高いし。

そういうわけで、マターリのたーり横浜ツアーを催行したのでした。スタンダードではあるけれどマンネリ化しつつあるからまた違ったコースとか考えた方がいいかなぁ…
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-29 02:12 | 徘徊日記  



2006年 03月 28日
ブルジョアブランチ。
ども、げんりでおま。

例によって例のごとく山手十番館でお昼をいただきました。前はクロック・ムッシュでしたが、今回は「クラブハウスサンド(788円)」です。ベーコンとチキン、野菜をトーストしたパンで挟んだサンドウィッチなんですけど、そのボリュームたるやかなりのもの。なんというか、これってブランチのメニューですよね?まあ十番館という高級喫茶店のサンドウィッチとなると、どうしてもこんな感じになるのでしょうか。わたしには全く似合わないことについては他人に指摘される前にカミングアウトしてしまいますけど(笑) お値段がお値段だけあってとても美味しいです。それにしても価格性能比(性能じゃないよ)を考えてみると、とても妥当。強いて言うならドリンクセットをつくって欲しいところです。
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-28 23:09 | 食い物列伝  



2006年 03月 27日
地元食堂の地力。
ども、げんりでおま。

鎌倉飯が続きます。江ノ島で降りたわたしとリコリスさんは地元食堂で美味しいご飯を食べるべく、湘南名物釜揚げしらすの定食をやっていた「ふな和」に入りました。

このお店、こぢんまりとしている上に、いかにも昼は定食夜は居酒屋といった昔ながらの佇まい、切り盛りしているのはおばあちゃんたち、何かとても安心できる雰囲気です。お昼時ということもあってそれなりに人もいましたが、やはり観光客は江ノ島の方に行ってしまうのか、ひどく混雑しているというわけではありませんでした。とは言っても入ったのは14時前だったんですけどね。


わたしの注文したのは「釜揚げしらす丼(850円)」。出てくるまでは「もしかしてしらす丼だけ?」という心配もありましたが、ちゃんとおみそ汁とお新香がついてきたので一安心。しかも、切り干し大根もあって一気にリーズナブル感が。とは言っても断然安い!というわけではありませんけど。

釜揚げしらす丼には生姜醤油がついてきます。ひとまず生姜醤油をかけずに一口。捕りたてのしらすをを一気に釜に入れ、旨味をぎゅっと閉じこめた、つまり“そのまんま”のしらすの味なわけです。これだけでもご飯3杯はいけます(笑) そして、生姜醤油をかけていただきます。生姜が薬味としてしらすの味を一層引き立たせるため、これまたご飯5杯はいけます(爆)

褒めちぎりで何だと思うかも知れませんが、チェーン店ではなかなか味わえない手作りのご飯というものは、ひと味もふた味も違うものです。そういう意味で大衆食堂がどんどん潰れていく昨今では、おばあちゃんたちが切り盛りする店のお袋の味はとても新鮮であり、いつまでも残って欲しいと思うものです。また食べに来よう。そうしよう。
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-27 23:55 | 食い物列伝  



2006年 03月 26日
あじさいでもラベンダーでもなく芋。
ども、げんりでおま。

リコリスさんと食べたご当地ソフトは「紫芋ソフト」です。写真のソフトはミックスですね。仮にはずれだったらちょっとしんどいので大抵ミックスを選んでしまう臆病者です(笑)

感想としては「えーと、芋ですか?」といった感じの、ミックスの片割れであるミルクと大して変わらない味覚。確かに芋っぽいような味があるのですが、箱根ご当地ソフトのあじさいソフトや河口湖のご当地ソフトのラベンダーソフトと何が違うんだろう…といった疑問がつきまといます。別に不味いわけではありませんが、リピーターになるほどの魅力も正直言ってないです。良くある感じのソフトクリーム。

うーん、はずれではないはずですので食べてみたい人はどうぞ、みたいな(爆)
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-26 23:02 | 食い物列伝  



2006年 03月 25日
ぷんぷん匂う昭和のかほり。
ども、げんりでおま。

そういうわけで、今日はNinoと共に滝之湯入り納めに行ってきました。昭和の初期に建てられたこともあり、あまりに絵になるものばかりです。とにかく驚くのは、ぼっとん便所だったり、脱衣所の明かりが裸電球だったり、湯船が薬湯しかなかったりすること。昔ながらのスタイルを頑なに守り続けた、というか、変える気が全然なかったと言った方がいいかも(笑) でも、だからこそここまでやってこられたのかも知れませんね。


広くない、湯船少ない、ボロイと、普通ならあっという間に潰れてしまいそうな感じですが、もうそういった世俗的な価値観を超越してある種の神話の世界を垣間見せてもらえます(笑) 先日入ったときには人が割といたので適温でしたが、今日はわたしとNinoの貸し切りに等しい状態だったので、湯船がかなり熱くて大変でした。でも、なんともアバウトな昔ながらの銭湯で、それはそれでとても心地よいのです。この歴史的な存在がなくなってしまうのも、「万物は流転する」という一つの現象なんでしょうね。ちょっと物悲しかったりもしますけど。

一つの時代が終わりを告げ、人々は郷愁に心を躍らせる。

相生憐悟


あ、ちなみにちゃんと撮影の許可は取ってますから!盗撮じゃないですから!(滝汗)
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-25 23:53 | 徒然日記  



2006年 03月 24日
ぶらり江ノ島~鎌倉
ども、げんりでおま。

若宮大路を歩いて鎌倉駅に至り、江ノ電に乗って江ノ島まで行ってみました。前回友人と来たときにはもう真っ暗だったので車窓そっちのけでくっちゃべっていましたが、今回は昼時、小春日和が何より良いですね。江ノ電の車窓を堪能しました。江ノ島でご飯を食べた後に由比ヶ浜方面へ砂浜をのたりのたりと歩きました。天気は良かったのは良いですが、いかんせん風がとても強くてかなり砂だらけになってしまいました。砂浜を歩くのは気持ちが良いものですが、強風は困りものですね。


砂浜を歩くのも飽きてきたのと、砂だらけの状態をどうにかしたく思い、途中で江ノ電に乗って、鎌倉最古の銭湯である滝之湯に入ってきました。この銭湯、最高。というか、最強。ノスタルジー大好きなわたしにとって、まさにワンダーランドといわんばかりのその存在に一発KOされてしまいました。ただ非常に残念なのは、この銭湯、切り盛りしているおばあちゃんがご高齢ということもあって、3月いっぱいで廃業取り壊しになってしまうということなのです。せっかくいい銭湯が見つかったのに…(涙)

そんな感じで古都鎌倉の景色を体験しつつ、今回のデートはお開きになったのです。ああ、滝之湯には近いうちにまた来なくては…
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-24 23:45 | 徘徊日記  



2006年 03月 23日
ぶらり鎌倉~江ノ島
ども、げんりでおま。

最近鎌倉に行くことが多いです。というのも、家から原付で簡単に行ける距離にあるということもそうですが、小京都である鎌倉という街が大好きだからです。趣味的に爺臭いということもあるかも知れませんが(爆) ということで、鎌倉散策をリコリスさんといってきました。今日は小春日和で良い感じでした。やっぱりお日様暖かいですね。相変わらずというか、いつも通りというか、北鎌倉で待ち合わせです。「東京方面から来る場合には最後尾に乗るんだよ~」と言いたかったところですが、報復が怖かったのでやめておきました(笑) どういう事かというのは皆さんで実際に確かめてみてくださいね(にやり) 


途中でご当地ソフトの紫芋ソフトをいただいたりしながら鎌倉街道を南下。鶴岡八幡宮では脇から本堂側に入って、修復作業が終わった本堂をちらっと参拝しました。小春日和ということもありましたが、あんまり人がいなかったのは何とはや。本堂から参道へ続く階段は知る人ぞ知る鎌倉幕府三代将軍源実朝が暗殺された場面でもあります。刺客がこの大銀杏の脇に隠れていたそうです。この大銀杏は既に樹齢1000年以上、鎌倉幕府の盛衰を見守ってきたんですね。その堂々とした佇まいを見るのも一興。鶴岡八幡宮に行ったら是非どうぞ。


鶴岡八幡宮には弁財天を祀る島(たぶん)もありまして、弁財天がどうのというのはさておいて(爆)、その島に咲く紅白の桜に否応なく心を奪われてしまいました。まだ3月半ばを過ぎた頃だというのにとお思いでしょうが、この桜は早咲きの大島桜(白)と河津桜(紅)です。一昨年にNinoたちと愛車を駆って伊豆半島に行ったときも河津桜が綺麗に咲いていました。その時には2月半ば前だったのですが、伊豆の温暖な気候も相まって満開でしたね。その時の写真は航のサイトにありますので良かったらどうぞー

続きます。
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-23 23:09 | 徘徊日記  



2006年 03月 22日
とりあえず凄そう。
ども、げんりでおま。

お茶ネタが続きます。今回は伊藤園の「お~いお茶旨味緑茶極匠(ごくじょう)」です。
このキャッチコピーは“日本のお茶、極めたり。”とりあえず凄そうです。

で、飲んでみた感想。

「えーと、お~いお茶と何が違うの?(爆)」


わたしの舌が肥えていないからかどうかはわかりませんが、普通のお~いお茶と大して変わりません。強いていうなら、香りは良くなっているんではないでしょうか。かなり適当な物言いですが…(汗)

うーん、中途半端で微妙な感じです。
[PR]
  by projectgcg | 2006-03-22 23:18 | 食い物列伝  











晴耕雨読で毎日雨降り。
by projectgcg
失った最後の欠片

Play Station Portable
Apocalypse

PSPA(イントロダクション)
PSP×PCのキホン
 PSPで利用するデータをPCで扱うためには
   □Memory Stick (Pro) Duo対応の
    リーダー・ライターを使う
   □実はリーダー・ライターとして使えるPSP
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成1
   □Memory Stick (Pro) Duo内、
    各フォルダの解説
   □MP_ROOT
   □MUSIC
   □PICTURE
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成2
   □PSP
   □VIDEO




---  ~旅立て勇者よ~  ---



げんりの本殿。リンクしかない。

飛鳥航の写真サイト。イマイチ。

相生憐悟の文章サイト。停滞気味。



--- ~君は光を見たか~ ---

いつも黒いRyuさんと陛下の日常トークバトル。

文月しのぶの「しのぶアクション」にお世話になってました。

直海凛さんの文字サイト。「割と感覚が似ているのかも」と思う。


なかのひと
最新のトラックバック
世界は恋に満ちている。
from 旅は道徒然なるままに
虫めづる姫君の事
from MOMENT編集
東北の夏祭り〜青森ねぶた..
from 諸葛川
東京都障害者総合美術展2..
from WATER PICTURE ..
歴史に残る愚挙 郵政民営..
from 社長の本音日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧