タグ:技術ネタ ( 18 ) タグの人気記事
   



2007年 09月 11日
暫くしてないなぁと思うこと。
ども、げんりでおま。


旅行やドライブ…というのはもう何て言うか、言わずもがなと言うか、ダウナーな気分になっていくのでさて置くとして、暫くしてないなぁと思うのはパソコンいじり。

いや、まあ毎日ノートを使っていたり、デスクトップに至っては常時運転ということもあるので、普通の人よりよっぽどパソコンをいじっていたりするのではありますが、要は、“自作”という意味でのパソコンいじりであります。

最近は自作系の情報を定期的に得ているわけではないので、最新技術についてとんと疎くなってしまったのですが、日常的にPCを使っていると「メモリが足らないかなぁ」とか「OSの再インストールした方が良いかなぁ」とか思うようになるわけです。

OSの再インストールについては、持っているOSがWinXPSP0なのでパッチを当ててSP2にしなければならないのですが、それがちょっと面倒。今は時間がないので、年が明けたらやりますかな(遅ッ)

そしてメモリについては単純に金がないというか(爆)
現在1GBをシングル動作なので効率が悪いのですね。これに1GBを二枚買ってデュアル+シングル=3GBでいけたらいいなぁと。

デュアルなら1枚だけ買えばいいだろ!というツッコミもあると思うのですが、デュアルは同じスペックのメモリでないと効果がないので、現行と同じスペックのメモリを探すのが面倒く(ry


とにかく今は金に余裕が全くないので、忍耐の日々です(涙)
[PR]
  by projectgcg | 2007-09-11 07:38 | 徒然日記  



2007年 08月 21日
IE(というかTridentエンジン)使えねぇ。
ども、げんりでおま。

Tridentエンジンではapplication/xhtml+xmlをデフォルトでサポートしていないので、HTML4.01の後継であるXHTMLは実質使えない状態です(まあMIMEについて、あんなことやこんなことをすれば良いわけですが、素人にはハードル高いつうか無理)。

W3Cに対して色々と異論があることはよくわかるのですが、文章データという資源を有効に利用するために策定されたXMLに関してはMicrosoftも承知しているわけで(OfficeソフトではXMLでの保存も可能)、データのネットワーク化及び活用を考えればインターネットでのXML技術向上は必然と言えます。

が、XML化がどう都合悪いのか分からないのですがTridentエンジンがちゃんと対応してくれないとそれを利用しているほとんどの人々(シェアが大きいので)は不利益を被るわけです。

加えて、利用頻度が著しく落ちることによりXMLの浸透にも悪影響が出ます。

更に、XMLがこなれないことにより技術の遅滞という形で影響が出てきます。

そういうわけで、TridentエンジンのXHTML対応を早急にして欲しい次第。


というか、やる気無いように見えるバグフィックスはMicrosoftの体質なんでしょうか? 問題が発生したらすぐにパッチ当てろっつの。

シェア伸ばすように販促に力を入れるのは結構なことですが、利用する人が多ければ多いほど全体に与える影響が大きいということについて、もっと気づいて欲しいなぁと思います。
[PR]
  by projectgcg | 2007-08-21 22:07 | ProjectGCG  



2007年 07月 04日
UNIXに強い人手ェ上げて!
ども、げんりでおま。
相変わらずもっさりやっております。

強くない人は読み飛ばしてください。




玄箱でcoreutils-6.9をmakeしようとしたらエラーが出まして(´・ω・`)ショボーンな感じでありますが、ログを取ったところで読み方を知らないので誰か教えてください。

見たところ「srcディレクトリにremove.oがないやんけ」とおっしゃっているようなんですが(実際srcディレクトリにremove.oはないのですが)、だからってどうせいっちゅう話でもあります。果たしてその解釈が合っているのかも解りませんし…(;´∀`)

よくよく見るとremove.oではなくremove.cのLine241(top_len),376(struct),835(char),1490(struct)でエラーがあるということなので、そこをいじらなければならないということですか?えー、めんど(ry

coreutilsを改めて持ってきた方がよいのかも?一応sh-utilsはmake install出来たのでgccの問題ではないと思うのですが。gccも入れ直した方が良いのかな…


一応、以下にログをべたーっと貼っておきます。エラー対処って嫌んなっちゃいますね。

Making all in lib
make[1]: Entering directory `/coreutils-6.9/lib'
make all-am
make[2]: Entering directory `/coreutils-6.9/lib'
make[2]: Leaving directory `/coreutils-6.9/lib'
make[1]: Leaving directory `/coreutils-6.9/lib'
Making all in src
make[1]: Entering directory `/coreutils-6.9/src'
make all-am
make[2]: Entering directory `/coreutils-6.9/src'
source='remove.c' object='remove.o' libtool=no

DEPDIR=.deps depmode=gcc /bin/sh ../build-aux/depcomp

gcc -I. -I../lib -I../lib -g -O2 -c remove.c
remove.c: In function `pop_dir':
remove.c:241: parse error before `top_len'
remove.c:242: `top_len' undeclared (first use in this function)
remove.c:242: (Each undeclared identifier is reported only once
remove.c:242: for each function it appears in.)
remove.c: In function `AD_stack_pop':
remove.c:376: parse error before `struct'
remove.c:377: `top' undeclared (first use in this function)
remove.c: In function `prompt':
remove.c:835: parse error before `char'
remove.c:839: `quoted_name' undeclared (first use in this function)
remove.c: In function `rm_1':
remove.c:1490: parse error before `struct'
remove.c:1491: `st' undeclared (first use in this function)
remove.c:1491: Internal compiler error:
remove.c:1491: ../../gcc/integrate.c:1439: Expect 't', have 'error_mark'


make[2]: *** [remove.o] Error 1
make[2]: Leaving directory `/coreutils-6.9/src'
make[1]: *** [all] Error 2
make[1]: Leaving directory `/coreutils-6.9/src'
make: *** [all-recursive] Error 1
[PR]
  by projectgcg | 2007-07-04 10:31 | ProjectGCG  



2007年 04月 26日
あらかじめ言っておけー!
ども、げんりでおま。


今の今までわたしの使用しているN903i、及びそれ以前に使っていたN503iでは、なぜかメーリスが届きませんでした。
というのも、成りすましメール拒否設定が設定されていたからです。

メーリスの仕組みとしては、登録者全員に配信するサーバ(メーリスを送る際のメアドの@より後の部分)が、送信者は登録者に直接送ったとするかのように“成りすまして”メールを送ります。
その結果、成りすましメール拒否設定がされている端末ではメーリスを受信することができないのです。

しかし問題はこれだけではなく、どうやら携帯メアドのアカウント(メアドの@より前の部分)の文字数にも制限があるらしく、おそらくアカウントが8文字以上ないとシステムエラーを起こすようです。
そのためにメーリスの加入だけでなく、メーリスサイトへの携帯からの会員登録もエラーが起こってしまいました。
そこで一時的に携帯のメアドを8文字以上に変えてみたところ正常に加入できたので、かなりの確率でアカウント字数制限の問題ではないかと踏んでいます。

もちろん状況証拠なので他の原因も考えられますが(例えばサイト運営側でいつのまにかブラックリストに挙がっていたとか)、このままでも埒があかないので、近々メアドを変えようかなと考え中です。


それよりも、成りすまし拒否設定時に「メーリスが使えなくなるかも」とか、メーリスサイト側でも問題が起こらないように啓発するとかの対策をとるべきではないのかなぁとおもいます。

きっと、こういうケースってたくさん問い合わせが来ていると思うんですけどね…
[PR]
  by projectgcg | 2007-04-26 10:42 | 徒然日記  



2007年 01月 30日
Vista発売されました。
新OS登場ですねヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

2001年に出たXPから6年を経ての発売は最近では最も期間が長いケースです。まあそれだけXPが安定していたってことなんでしょうけど、逆に言えばその間にOSを刷新しなければならないほどの技術革新がなかったとも言えるのかも知れません。

どうしても載せ替えなくちゃいけない理由を無理矢理にでも考えてみれば、CPUの64bit化ぐらいでしょうか(XPは32bitOS)
今まではOSに合わせてソフトウェアやハードウェアが開発されてきたというような面もあり、OSの開発とソフトウェア・ハードウェアの開発は持ちつ持たれつの関係にあったと言えますが、秒進分歩のハードウェア業界からしてみればOSがやっとついてきたといった感じなのかも。

一方で、置いてけぼりにされないようにとの配慮なのか、Vistaの推奨スペックはかなり高めに設定されています。現行のマシンが対応できるかどうかを審査するソフトもMicrosoftから提供されているくらいです(英語版)
http://download.microsoft.com/download/2/3/9/239542d5-9ad1-4af4-97e9-0762d55ce4d1/WindowsVistaUpgradeAdvisor.msi

自作組としては楽しいOSかも知れませんが、そうでない人にとってはXPで十分って所だと思います。わたしとてVistaに乗り換える予定は今のところありません。強いて言うならサービスパックが出る前に買っておこうといった程度のものです。


PCの買い換えが必要かなと思ったときの選択肢として考えておくのが一番有意なのではないでしょうか。そんなOSです。
[PR]
  by projectgcg | 2007-01-30 14:13 | 徒然日記  



2006年 02月 24日
会社のサーバを私物化計画。
ども、げんりでおま。

皆さんお気づきかも知れませんが、自宅に設置してあるHTTPサーバがダウンしていると最近の写真は表示されなくなります。というのも、エキサイトブログの画像容量が飽和状態に近づきつつあるので、外部サーバから写真を載せられるようにしようと思ったからです。そこで、自前でサーバを持っていることだし流用しちゃえ、と。だから、自宅のサーバがダウンすると写真が表示されないのです。

困ったことは、サーバがダウンしていると表示されなくなることもそうですが、自宅LAN内では自前のドメインでアクセスしてもルータに接続されてしまい、画像がちゃんと表示されるかどうかを確認することができないことです。つまり、ブログを更新してもそこにちゃんと写真が表示されているかどうかを投稿者は確認できないということなのです。これはルータの仕様っぽいのですが、自宅LAN内での解決はむりぽという結論に至りました。

で、ドメインを使用しなければならない状況というのはWeb閲覧ぐらいですし、根本的な問題はLAN内からドメインにアクセスしてもWANに出ずにルータに接続されてしまうらしいこと。ということは、一度WANを経由すればいいのではないか?

そこで考えたのがプロキシ。課題はどこに設置するかということ。プロバイダではプロキシのサービスをやっていないみたいだし、どこかにプロキシないかな~と思っていたら、あった。わたしがネットワーク管理している会社のネットワーク。これにプロキシサーバを持ち込んで使ってしまおうと。ネットワーク管理はわたししかできないので、サーバの一つや二つや三つなど建て放題。

うふふ。楽しみ(←その前に玄箱どうにかしろよ)
[PR]
  by projectgcg | 2006-02-24 23:13 | ProjectGCG  



2006年 02月 23日
玄箱の話。
ども、げんりでおま。

玄箱を買って外付けのHDDをぶち込んだという話はしました。

えー

なんの進展もありません。

というか、いじっている暇がなくなってしまいました。

そもそもVineLinuxを入れていじるというつもりでいたのですが、まずは無難にファームOSのLinuxをいじった方がよいのではないか?と、思ってみたり。

そんな紆余曲折を経て、思考ばかりがぐるぐる巡り、実行に移せないへたれなわたしがいるわけで。

来週は来週でまた忙しくなって家にいる時間がないのでとてもじゃないですがいじってられません。Telnetで接続すりゃ良いんでない?という話でもあるんですけどね…

そういうわけで、玄箱は本来の役割であるNASとしての職務を全うしているのです。


…これで良いのか?
[PR]
  by projectgcg | 2006-02-23 23:20 | ProjectGCG  



2006年 02月 19日
玄箱起動す。
ども、げんりでおま。

玄箱に内蔵するHDDを確保するために既存の外付けHDDをバラして徴集し、そのHDDを玄箱のマウントに付けて組み立ててスイッチオン!



…彼はしばらくの点灯の後、紅い警告灯を5回ほとばしらせて潰えたのである。

相生憐悟


なんか、IDEの接続が良くないらしく、もう一度開腹手術をしてIDEコネクタ(写真の部分)を押し込み、縫合したら使えるようになりました。よかった、無事起動したよ。

共有フォルダも確認できましたし、ファイルの送受信もちゃんとできるようです。ところがプリンタをUSB接続しても、プリンタの認識はするものの印刷できず。ファームのアップデートもしたのに何で…?
[PR]
  by projectgcg | 2006-02-19 21:05 | ProjectGCG  



2006年 02月 18日
玄箱組み立て。
ども、げんりでおま。

おとといそらさんとヨドバシカメラのマルチメディアAkibaでお買い物したということを書きましたが、そこで買おうと思ったメインのものは玄人志向の「KURO-BOX(9,980円)」通称玄箱(クロバコ)です。現在ではギガビットでCPUクロック(Macで使われているPowerPCなんですね)も上がってメモリも倍増した「KURO-BOX/HG」もあるのですが、いかんせん19,500円という高価。同じ1万円を使うなら他のものに使った方がいいやと思って安い方にしました。いいもん、どうせ我が家のLAN環境は100BASE-TXだし。つうか、これから少なくとも5年間は光回線以上の速さのリーズナブルな通信手段は実用化されないんじゃないかと思うので、家庭内だけで使うならまだしもWANで動かすことを考えればギガビットは必要ないかなーという感じです。


玄箱はHDD(Hard Disk Device、要はハードディスク)がついていないので玄箱に入れるHDDを別に用意しなくてはなりません。そこで、外付けの「BUFFALO DIU2-B120G」をバラして流用することにしました。中には120GBのHDDが入っています。これをあんなことしたりこんなことしたりして取りだすわけです。
外付けHDDケースの上下には留め具になっている爪があり、それをマイナスドライバーで押し込んで前部のカバーをはずしてから左右にぱかっと開きます。あとで再利用をすることを考慮し、要らん所の爪を折ったり回線を切らないように慎重にやりましょう。


ご開帳~と相成った外付けHDDの中身をみますと、IDE&電源部分(真ん中)とLED部分(左側)に分かれているのがわかります。右側の黒いのがHDDですね。これを取りだすわけです。
プラスチックケースなので幾分たわみます。そういうことを考慮に入れつつ勢い余ってケースを破壊しないように注意しながらHDDを取りだした後、ケース一式は封印。また会う日まで~ というか、パソ本体以外に電気喰うのであまり使いたくないなぁという気もあったり。それを言ってしまえば玄箱はどうなんだって話でもあるんですが(汗)


中に入っていたのはWesternDigitalの「WD1200AB-00CBA1」でした。まー型番を書いてもその筋の人しかわからない(わたしもわからない)のでそんなのはどうでも良いんですが、ふと思ったのはUSBやIEEE1394で接続する際のジャンパーってどういう設定なのかということ。ケーブルセレクト?とも思いましたが、ケーブルセレクトってIDEでのMasterかSlaveかを自動的に判別するというやつだから、それとは全然違う規格のUSBやIEEE1394ではケーブルセレクトは全く関係のないものだよなーと思ってみたり。


で、その答えは

「MasterとSlaveをジャンパーする」

でした。これで本当に大丈夫なのかな?というか、それはケース内にあるIDE基盤が処理する問題なのかも知れないんですけどね。

さて、HDDも入れたし、玄箱を起動…って、起動しない…(汗)

つづく。
[PR]
  by projectgcg | 2006-02-18 23:22 | ProjectGCG  



2006年 02月 07日
デュアルチャンネルってば。
e0017357_18513813.jpgども、げんりでおま。

昨日はマシンの増強を踏まえてメモリを買うことに決定したところまでを書きました。で、購入から装着に至り、顛末までをば書きます。

ヨドバシで買ったメモリは「DDR SD-RAM PC400(PC3200) 512MB CL3 NoBrand」でした。時価6,000円強ってのは大分下がったかなぁーといったところ。去年の正月初買いではPC400 512MB CL2.5 NoBrandのメモリを8,000円強で買ったので。ただ、業界のDDR2への移行ペースを考えるとちょっと高い時期に買っちゃったかなぁ…といった感じ。まあ行くところに行けば3,000円強で買えるんですけどね。ポイント目当てもさることながら、行くところに行くのが面倒だったのが正直なところ。意外に思われる方も多いかと思いますが、わたしは滅多にアキバに行きません。四半期に1~2回ぐらいかな。

ところでうっかりしていたというか、事前情報収集を怠けていた罰というか、デュアルチャンネルはブランドを除くすべてのスペックで同一のメモリを使わないといけないということを知らず、CLが違うものを買いました。というか、CL3しか置いていなかったんです、ヨドバシでは。ブランドを除くといってもブランドを揃えておけば相性問題の発生はかなり低く抑えられますし、対応も楽なんですけどね。でもやっぱり約1,000円も違うブランドとノーブランドの壁は大きいです。今のままでも体感できるほど速度が上がったので、まーいいかなぁーと妥協しちゃったり。この際だからいっそのこと、もう6,000円出してもう一枚買おうかなと思ってみたり。そうしたらメインメモリ1.5GBですよ、奥さん!3年前には考えられなかったなぁ…

それよりも、サーバを構築するだけなら玄箱を使うという手もあったわけです。ベアボーン一台と玄箱+HDD代がトントンということを踏まえれば、玄箱を買った方が賢いわけですが、世代交代でパーツが余るようだったらもう一台組んだ方がいいかなぁ…と思ってみたり。まずは玄箱で自作マシンのサーバ部分を剥離した方がいいのかも。Linuxの勉強にもなるしね。

さて、資金をどうやって捻出しようか。
[--'--'']

[PR]
  by projectgcg | 2006-02-07 23:51 | ProjectGCG  











晴耕雨読で毎日雨降り。
by projectgcg
失った最後の欠片

Play Station Portable
Apocalypse

PSPA(イントロダクション)
PSP×PCのキホン
 PSPで利用するデータをPCで扱うためには
   □Memory Stick (Pro) Duo対応の
    リーダー・ライターを使う
   □実はリーダー・ライターとして使えるPSP
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成1
   □Memory Stick (Pro) Duo内、
    各フォルダの解説
   □MP_ROOT
   □MUSIC
   □PICTURE
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成2
   □PSP
   □VIDEO




---  ~旅立て勇者よ~  ---



げんりの本殿。リンクしかない。

飛鳥航の写真サイト。イマイチ。

相生憐悟の文章サイト。停滞気味。



--- ~君は光を見たか~ ---

いつも黒いRyuさんと陛下の日常トークバトル。

文月しのぶの「しのぶアクション」にお世話になってました。

直海凛さんの文字サイト。「割と感覚が似ているのかも」と思う。


なかのひと
最新のトラックバック
世界は恋に満ちている。
from 旅は道徒然なるままに
虫めづる姫君の事
from MOMENT編集
東北の夏祭り〜青森ねぶた..
from 諸葛川
東京都障害者総合美術展2..
from WATER PICTURE ..
歴史に残る愚挙 郵政民営..
from 社長の本音日記
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧