タグ:政治ネタ ( 3 ) タグの人気記事
   



2005年 09月 12日
負け犬の弱いものいじめ?
どうも、こんばんわ。相生憐悟です。

9月11日に行われた衆議院議員選挙で自民党は歴史的大勝を収め、連立与党の公明党と合わせると衆議院議席の3分の2を超える議席を獲得しました。この衆議院議員選挙で小泉政権は郵政民営化に対しての実行権を明確に勝ち得たと言えます。今回の選挙で特徴的なのは、都市部を支持基盤とする民主党ではなく自民党が都市部での当選者を多く出したという点です。通念では地方での支持基盤が最大の強みであった自民党が都市部での票を獲得した結果、元々あった地方部の票と合わせて過半数を大きく超える3分の2の議席を得たと考えられます。それではなぜ自民党は都市部で票を勝ち得ることが出来、また、なぜ民主党は地方部で票を勝ち得ることが出来なかったのでしょうか。それは、小泉総理の単純明瞭な政策と自民党に対する馴れ合い精神にあるとわたしは考えています。

まず馴れ合い精神について説明すると、日頃自民党政治についてあーだこーだと文句を言っているにもかかわらず、いざ選挙となると自民党に投票する、他の選択肢はないかのような条件反射を見せているように思える地方独特の社会性があるのではないでしょうか。特に農村部では概して閉塞的な地域社会である関係上、自民党以外の政党に投票することは村八分にされる危険性をも伴います。また、自民党は組織票を地方に求めていたために、地方の人々は自民党に投票することによって利潤を得ることが出来るわけです。例としては、莫大な金額の地方交付税交付金、いわゆる政治駅と呼ばれる新幹線駅など。それらをふまえれば自民党を支持するのも当然です。地方の人々にとっては自民党に投票することはもはや伝統的慣習と化しているのかもしれません。伝統だから継承されていく。これが馴れ合い精神ではないかと思うところです。

もう一つの勝因、単純明瞭な政策ですが、小泉総理の思うところはただ一つ。それは単純に郵政民営化です。小泉総理はこれさえ果たせれば満足なようで、もうすでに任期の延長について考えていないと明言しています。さも、自分の仕事は郵政民営化のみにありと言わんばかりの態度ではないかと思うのはわたしの思い違いでしょうか。外政的にも内政的にも様々な問題を抱えているのに、それらを次期総理大臣に丸投げしてでも郵政民営化は果たされなければならなかったのでしょうか。しかし今危惧すべき問題は、そういった諸々の問題を考えずにすむ自民党の宣伝を受け入れてしまっていた人々にあるのではないか、という点です。言うなれば、考えずにすむからと言って大勢に属してしまったのではないか、熟慮せずに長いものに巻かれてしまったのではないか。ここまでくると単なるわたしの悲観的な感想でしかないのかもしれません。

とにかくこの2つの点で、地方部からも都市部からも支持を得ることが出来、自民党は躍進しました。郵政民営化法案は可決されること間違いないでしょう。その結果、地方の過疎化に拍車をかけ、地方民の生活を脅かすことにならないかが不安に思うところです。自由競争によって社会平等が奪われるでしょう。郵政民営化に代表される小さな政府(自由競争推進)は国の経済を発展させることになるかもしれません。しかし、それが必ずしも幸福の追求を達成させるものではありません。もし経済学的に自由競争が幸福の追求を達成させることが出来るというならば、まず道路公団を民営化委員会の方針通りに民営化させてみせるのが筋でしょう。独立採算制のために税金削減にならない郵政民営化より、湯水のように税金を使う道路公団を適切に民営化する方がよっぽど経済学的に正しいはずです。経済学部出身の小泉総理がそれを知らないわけありません。道路公団民営化に際して道路族に対して腰砕けになった負け犬の小泉総理が、より弱い敵である郵政族に対して弱いものいじめをしているという図しか思い浮かばないのはわたしの想像力が貧困だからでしょうか。
[PR]
  by projectgcg | 2005-09-12 23:45 | ProjectGCG  



2005年 08月 08日
郵政民営化法案否決について。
こんばんわ。相生憐悟です。

参議院本会議で郵政民営化法案が否決されたことによって、小泉総理大臣は自身に対する不信任決議に等しいとして、小泉内閣の政治路線に対する信任・不信任を国民に問うために衆議院を解散しました。吉田茂総理の際には「バカヤロー解散」、宮澤喜一総理の際には「嘘つき解散」と呼ばれ、それぞれの衆議院解散にはその理由となった事象が解散の名前に使われています。小泉総理は今回の解散を「郵政解散」と言っていますが、与党の反対派や野党は「八つ当たり解散」や「傍若無人解散」と称しています。衆議院は味方宣言したのに参議院が敵に回ったので、参議院は解散させられないから、なぜか衆議院に切りつけるというわけのわからない行動は非難を免れえません。

今回揉めに揉めた郵政民営化法案の重要性について考えてみます。小泉総理はなんにつけても、郵政民営化を最も重要な“改革の本丸”と称して担ぎ上げています。前回の批判記事を書いた際に、国民が求めている政治は第一に郵政民営化を進めることではないということを明らかにしました。小泉総理と世論はすれ違っています。小泉総理の失態は、自民党が第一党であるのは国民が政民営化を支持しているということではないという事を、正しく認識していなかった事です。最大多数の最大幸福という言葉があるように、リーダーは自分がリードする集団の最大多数の意思に対して最大限報いることが義務なのです。そして、集団はその幸福を授与するリーダーを選ぶのが民主政治です。はっきり言って、国民が望んでいた小泉総理への期待は郵政民営化ではなかったのです。小泉総理が郵政民営化を推し進めれば推し進めるほど、それは最大多数の最大幸福からかけ離れていってしまったという、ある種の不幸が訪れたといえるでしょう。小泉総理にとっては重要な法案だったかもしれませんが、現段階で国民にとってはさして重要な法案ではなかったのです。

そもそも郵政民営化の発端が経済の問題からであることだそうですが、政府がそこまで経済に介入することは資本主義経済に対してあまりいい影響を及ぼすとは思えません。国という強力なバックアップを備えた、決してつぶれない会社が民間企業として登場したら他の民間企業にプレッシャーを与えて、あわよくば食いつぶしてしまう。「民間に任せられることは民間に任せよう」という言葉は、確かに経済学的な観点から、競争の原理をもっとも効率的に発揮できるのかもしれません。しかし一方で問題とすべきは、インフラ整備および管理は国の責務ではないのではないか、ということです。昔のお役所体質がいまだに残っているからサービスが悪い。だから民営化することによってよりよい多岐に渡ったサービスを与えることができるというのが小泉総理の主張です。だからって、本来国が担うべきインフラ整備を捨てることは国としてあるまじき事であるとは考えなかったのでしょうか。

経済は意図的に操作するものではなく、国民の生活が安定すればよりよくなっていくものではないでしょうか。郵政民営化を推進することが決定的な不況からの脱却になるとは誰も思っていないでしょう。だからこそ、世論で重要視されていないのですが。わたしとしては道路公団民営化や国民年金改革、外交政策、憲法改正(悪)、そして何よりもわたしは特に児童福祉の改革を強く求めています。ハマコーの愛称で親しまれている浜田幸一元衆議院議員は「俺たちが何のために政治をやっているのか、それは次の世代を担う子供たちのためにやっているんだ」という趣旨の、当然のことながら忘れられがちな点を主張していました。今の政治家に先見の明がないことは危惧すべき事であると、わたしたち有権者は十分気をつけなければなりません。この国で見るべき先見の明とは何か。その点を熟慮し投票したり批判したりすることが、逆に言えば老若男女問わず国民の義務であると考えるべきでしょう。国民はもっと声を大にして叫ぶべきです。政治家は国家を管理していますが、国民は政治家を管理しなくてはなりません。それが議会制民主主義であるからです。



最後にどうでもいいことですが、今回小泉総理が行った否決後の記者会見で譬えに挙げたガリレオ・ガリレイのエピソードですが、「それでも地球は回っている」という言葉は伝説であり、実際にそういう発言があったかどうかの記録は残っていません。
[PR]
  by projectgcg | 2005-08-08 23:52 | ProjectGCG  



2005年 07月 07日
郵政民営化へのどーでもいいツッコミ
初めて書き込みます。相生憐悟です。
今回は、郵政民営化法案衆議院可決に際して、ちょっとしたツッコミを幾ばくか。


①民間に出来ることは民間に任せようと言うことについては、大方の国民は賛成している。総論は賛成なのである。(南西アジア及び欧州訪問の際の小泉総理内外記者会見 平成17年5月2日)

この“大方の国民は賛成している。”とするソースはどこから採られているのでしょうか。最も適当だと考えられるのは、平成17年3月に行われた内閣府政府広報室によって行われた『(「郵政民営化に関する特別世論調査」の概要(pdf)』であろうと思われます。この世論調査では賛成(賛成、どちらかといえば賛成)が49.0%、反対(反対、どちらかといえば反対)38.2%といった結果が出されました。また時期は少し古いのですが、共同通信社の平成17年3月6日付の世論調査では賛成が52.9%、反対が32.7%、平成16年9月では賛成53.4%、反対35.4%となり民営化そのものに対しての賛成が大多数である事は、数字の上では確かであるようです。しかし一方で、日本テレビ世論調査2005年6月の中では6月期には賛成が52.0%:40.6%と反対を超えてはいるけれども、4月期には39.8%:43.7%で反対が賛成を凌いでいたという結果があり、なぜ反対が賛成に回ったのかは定かではないにしろ、国民は民営化について強力に後押しする意志はないと言える面もあるのではないでしょうか。
賛成か反対かの二元論でいえば確かに賛成が多く、国民の代表からなる政府国会はその意志を反映する必要がある事は、その存在意義において必然です。しかし、国民が郵政民営化をこの時点でする必要性がないといっている事(各世論調査参照)も事実であり、“国民の総意”を唱えるならこの国民の意志に対しても真摯に対応しなくてはならないのです。そのためにはこのような強硬な手段に訴える事のないように、民営化についてしっかりと論議する必要があります。郵政民営化は小泉総理にとっての悲願かも知れませんが、権力を振りかざして私的な理想を推し進めるのは、職権乱用ともいうべき愚行ではないでしょうか。はっきり申し上げますが、小泉総理の郵政民営化のために皆は小泉総理を推した訳ではありません。情けない話ですがあなた以外に人気取りのできる議員がいなかった。ただそれだけの事です。


②郵政法案に反対の副大臣ら4人罷免、当面は空席に (読売新聞)

身内であっても理想遂行のためには殺す。物騒な言い方をすればこんなところでしょうか。しかも、決議の前に辞表を出していたにもかかわらずそれを受理せず、決議後に罷免をする。つまり、見せしめです。そもそも、身内にまで反対されるような事を推し進める事自体が無謀である事を、なぜ小泉総理は悟る事ができなかったのでしょうか。明らかに独裁的である事を指摘せざるを得ません。更に、ペナルティをかけずには行えないというのは、その法案がいかに必要とされていないかが表されています。反対派を処刑する事は一見恐怖政治のようですが、恐怖政治は国家の危機に際してやむを得ず行われたため、国民も容認していたという状況があります。しかし今回の法案可決の経緯に至っては、小泉総理の身の振りは民主主義への反逆行為と言えると思います。きっと小泉総理は四面楚歌の思いであるかも知れませんが、楚歌を歌っている彼らは小泉総理の部下です。そして総理大臣という地位だけが、小泉総理にとって味方であるでしょう。


③郵政民営化について「選挙の時は小泉(純一郎首相)さんでなければ勝てないから認めたが、民営化には反対だから抵抗するなんてことは、どこの世界で通用するか。本当に(議員が)無責任になった(武部勤自民党幹事長:談)」(毎日新聞)

衆議院の可決後も武部幹事長は同じような事を言っていました。政党政治の陥りやすい点は、党員である事を強要する点です。一致団結する事は何かを果たすためには重要な事ですが、党として一致団結するために個人の議員としての理想や信念を無下にする事は、議員個人の能力や人格をも無視するものであるのではないでしょうか。これは「国のために死ね」といったような、全体主義の悪い面です。根本的な点を踏まえれば、国がなくなっても人は生きていけますが、人がいなければ国は成り立たないのと同様に、議員がいなければ党は成り立たないので、議員の意思や理想を軽視する事は党の存在をも軽視する事に他なりません。そもそも、政党とは同じような志を持った議員が団結した組織を指すものであって、その主体は議員です。しかし現在においては、議員の能力や人格は二の次で、有力な政党に付く事が重要視されているのではないでしょうか。武部幹事長の主張するところも「政党あっての議員」ということであり、議員になったら党に尽くさなければならないというGive-and-takeが義務づけられているようです。最近ではどの政党にも属さない無党派が増えてきていますが、未だに政党は強大な力を持っています。ですが、自民党内でも旧橋本派や堀内派などの党内派閥があるように、党の中でも一枚岩ではありません。国会議員一人一人が国会議員としての信念と理想を持つ一個人であるから、政党が政党としての形を保つ事ができるのです。政党が国会議員を生かしているのではなく、国会議員が政党を生かしている、その事を忘れた時、政党はもはや法案成立のための道具に過ぎません。
郵政民営化の混乱は、政党が国会議員を支配するか、国会議員が政党を支配するかの戦いになっています。もしかしたら小泉総理は、初心とは違うけれども「自民党をぶっつぶす」事ができるかも知れませんね。自分の居場所もなくなりますが。それにしても「小泉総理がいないと選挙に勝てない」なんて。あまりにも情けない台詞じゃないですか。



ろくでもない批評に付き合っていただきありがとうございました。
[PR]
  by projectgcg | 2005-07-07 18:10 | ProjectGCG  











晴耕雨読で毎日雨降り。
by projectgcg
失った最後の欠片

Play Station Portable
Apocalypse

PSPA(イントロダクション)
PSP×PCのキホン
 PSPで利用するデータをPCで扱うためには
   □Memory Stick (Pro) Duo対応の
    リーダー・ライターを使う
   □実はリーダー・ライターとして使えるPSP
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成1
   □Memory Stick (Pro) Duo内、
    各フォルダの解説
   □MP_ROOT
   □MUSIC
   □PICTURE
 ○Memory Stick Duoのフォルダ構成2
   □PSP
   □VIDEO




---  ~旅立て勇者よ~  ---



げんりの本殿。リンクしかない。

飛鳥航の写真サイト。イマイチ。

相生憐悟の文章サイト。停滞気味。



--- ~君は光を見たか~ ---

いつも黒いRyuさんと陛下の日常トークバトル。

文月しのぶの「しのぶアクション」にお世話になってました。

直海凛さんの文字サイト。「割と感覚が似ているのかも」と思う。


なかのひと
最新のトラックバック
世界は恋に満ちている。
from 旅は道徒然なるままに
虫めづる姫君の事
from MOMENT編集
東北の夏祭り〜青森ねぶた..
from 諸葛川
東京都障害者総合美術展2..
from WATER PICTURE ..
歴史に残る愚挙 郵政民営..
from 社長の本音日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧